» 渡辺さん

背景色
標準
文字サイズ
標準
拡大
instagram twitter facebook

トップページ > 参加者インタビュー > 渡辺さん

喜界町ファームステイ参加者インタビュー

渡辺さん

離島の人や農家さんのお家にホームステイして生活するっていうのが
面白そうだなって思いました。

お仕事イメージ

体験者 渡辺貴美子さん
年齢 18歳学生
出身 群馬県
タグリンク  

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

喜界島に来てから1週間と4日くらいということで、基本的にはどれくらい滞在するんですか?

渡辺貴美子さん明日の朝の5時の便で帰ります。

このファームステイを何で知りましたか?

渡辺貴美子さんもともとボランティアとかをやっていて、ボランティアの募集サイトってあるじゃないですか。私の場合は、アクティボっていうサイトなんですけど、そのアクティボっていうサイトでエコフっていう、こういう島の留学体験をする募集をしているのを見つけて。エコフだと、1回の滞在で10日間あるんですけど、3万弱ぐらいかかるんですよ。ちょっと高いなーって思って。3万弱+交通費なんで、それだと参加できないなーと思ってたんですけど、ただ、面白そうだから1回はやってみたいな高校生のうちにと思って、色々、そういう経験ができるのを探して。

体験者インタビュー

このツアー自体はどのくらいお金がかかるんですか?

渡辺貴美子さん500円です。1日でも1年でも、500円です。期間は特に決まっていなくて、自分で決められるんで。自分の都合に合わせて参加できるんです。

喜界島のこの体験がやりたいから、っていうので、選んだんですか?

渡辺貴美子さんそういうわけでもなくて。離島の人や農家さんのお家にホームステイして生活するっていうのが面白そうだなって思いました。そのきっかけが、修学旅行で民泊をして、沖縄の伊江島ってところで民泊したんですけど、そのときに民泊がすごく楽しかったので。体験できないじゃないですか、やっぱり。こういうのって自分から行かないと。だから、やってみようかなって。 

笑顔が素敵な渡辺さん

体験してみてどうですか?

渡辺貴美子さん今って、キビの収穫なんですけど、敏仁さんがハーベスタ乗って、その後ろにずっとついていかなきゃいけないんで、午前中だけで多分5キロぐらい歩くんですよ。それも5キロ、(屈んで)こうやって。腰と足が辛くて。本当に疲れるなって、初日は思ったんですけど。ただ、なんて言えばいいかわかんないんですけど、自然って、日頃感じないじゃないですか。私も結構、都市部というか、森林とかが多い場所に住んではいないので、こんな、自分から草むらの中に入って虫とかガンガンいるところで、草の匂いの中、草まみれになりながら自然を体感するっていうのは非日常で。いつもはやってないから楽しいって思うのかもしれないけど、楽しさは感じます。大変なんですけど、めちゃくちゃ。めちゃくちゃ大変だけど、やっぱ楽しいな、とは思いますね。

結構慣れましたか?

渡辺貴美子さん慣れました!最初一日目ですね、辛いのは。

体験者インタビュー

この農家さんの家に、ファームステイしているんですか?

渡辺貴美子さんそうです。ずっとこの敏仁さんのお家に。

色んな所を回りましたか?

渡辺貴美子さん回りました。きび以外にも、田芋っていう島の芋の収穫だったり、皮むきだったりとか。あとはパッションフルーツとマンゴーの新芽取りとか、枯れ葉取りとか、そういうのもやって。観光は巨大なガジュマルの木があるんですけど、それを見に行ったり。あとはダイビングをやって、最高でしたね。体験ダイビングだったんで、ほんとは5mとか、深くても9mぐらいまでに留めないといけないらしいんですけど、なんか私、ガンガン泳いでっちゃったらしくて(笑)13.5mぐらいまで潜って。怖さとかがなかったので。ずっと小学校からの夢だったんですよ。ダイビングやるのが。だからもう、ほんとに最高だったんですけど。途中でウミガメと会って、ウミガメって普通逃げてっちゃうらしいんですけど、一緒に泳いでくれて。も〜本当にもう、もう一回海行ったら、戻って来れなくなるぐらいハマっちゃいましたね。本当に美しかったです。
あと、クジラも見れました!夕陽もめっちゃ綺麗でしたよ。
 

笑顔が素敵な渡辺さん

喜界島のいいとこぜんぶ見た感じですね。

渡辺貴美子さんほんとに!

サイトで見てファームステイを知って、すぐに申込みをしたんですか?

渡辺貴美子さんそうですね、ちょっと問合せしてみようかなーって思って、この人(木下さん)にメール送ったら、「持ち物後日送ります」みたいな返事来ちゃったから、あーもうじゃあ参加なんだ(笑)っていう感じで。

木下さんいや、問合せフォームから来たら問合せなんですけど、もう、応募フォームから来たんで(笑)参加意思があるんだな、って。

渡辺貴美子さんだからもう行っちゃおう!って。

体験者インタビュー

じゃあもう迷うヒマもなく(笑)

渡辺貴美子さん迷うヒマもなく。

島の暮らしはどうですか?今後住んでみたいと思いますか?

渡辺貴美子さんどうなんだろう(笑)うーん。住んでみたいとまでは…と思うんですけど、ただ、何年かに1回くらいは行きたいな、とは思います。

木下さんそれは良いと思いますよ。僕はこの歳だからそういう決断できたけど、まだ若いし。

渡辺貴美子さんまだ18なんで。大学生なんで。

木下さんこの歳で住みたいって言われたら変わってると思う。仕事とかも含めて、そういうキャリアも何もない段階でここに来たってやることないと思うし。たぶんつまんなくなって、出るしか無いって思うかも。だから、もっと色んなことやってからでも。

渡辺貴美子さんこだわってここに来たわけじゃなくて。ただボランティアがやりたくて、何か、そういうことをやってみたくてその一環として、ここに来た感じなんで。

笑顔が素敵な渡辺さん

ここに来てからやった作業は、収穫体験が主ですか?

渡辺貴美子さんそうですね。後を追って、キビをとって投げる作業。ハーベスタが獲りきれなかったキビを後ろの網の中に投げる作業です。

木下さん刈って、巻き上げきれない部分があるので、落ちているのを網に入れ直すってことですね。

サトウキビかじりました?

渡辺貴美子さんかじりました。甘いですね。

明日までだから、ちょっと寂しいですね。やりきった感はありますか?

渡辺貴美子さんやーまだ、わかんないですね。今はまだ寂しさはないけど、明日になってみないと。まーでも、もう終わりなんだ、って感じはありますね。昨日ワンちゃんの散歩に行って。あ、ワンちゃんがいるんですけど、その散歩も、もしかしたら今日行けないかもしれないから昨日で最後だったかもしれないので。もうほんとに、それはめっちゃ悲しかったです。もー可愛いんですよ。ボーダーコリーなんですけど、本当にかわいくて。いつも全然鳴かないんですよ。で、すごい利口で。全く鳴かないんですけど、最後、さよならって言ったときにずっとワンワン吠えて、それただ単に私が自意識過剰なだけかもしれないですけど。

そんなことはないと思いますよ。きっとワンちゃんも離れるのが寂しかったのかも。沢山の良いお話、ありがとうございました。

体験者インタビュー

喜界島ファームステイにちょっとでも興味のある方
お気軽にお問い合わせください!

 

まずはメールから予約・お問い合わせください。

24時間受け付けています。

メールフォームはこちら

 

トップへ戻る